介護での見解の相違

親の介護をする方の中には、兄弟姉妹の負担が違うことを不満に感じる方がいます。それぞれに家庭を持っている場合、同居している子が親の面倒を見るのが当然と考える風潮があるのも事実です。仮に姉妹二人がいるとしても、それぞれの介護の負担が平等にするのは難しいでしょう。

介護の負担が偏ることによって、家族内の人間関係にも変化が起こると言われています。相談しにくい、または相談に乗ってくれないことで、協力しながら介護をする状況が作れなくなると考えられます。この介護の負担が異なる問題は、最終的に相続の際の問題にもつながると言われていますので、可能な限り介護が始める前にどのようにするのかを話し合うことが推奨されます。

自宅で過ごしたい、子供には負担をかけたくないという親の希望がある一方、何があっても自宅で親の介護をする、限界が来たら施設に入って欲しいなどの子供の意向があります。理解しているようで十分な意思疎通が出来ない場合があるので、介護に対する考えを話し合っておくことも重要です。「家族だから察してくれる」「きっとわかっているはず」と考える方が多いですが、介護についての話し合いは重要です。

親と子供の介護に対する考え方は異なることを理解した上で、介護の問題を避けることが必要になります。